個人の税務と確定申告

個人の税務と確定申告

配当控除の計算方法と確定申告書の書き方

配当控除とは 配当控除とは、個人の所得税を計算する際の制度のひとつで、剰余金の配当などの配当所得を受け取った際、一定の方法で計算した金額の税額控除を受けることができる制度です。この配当控除を受けるためには、確定申告を行うことが必要です。 配...
個人の税務と確定申告

2割特例と簡易課税の違い【個人事業主向け】

インボイス制度の開始とともに、いわゆる「2割特例」の制度が創設されています。この2割特例の制度は、法人でも個人事業主でも対象となる事業者はいますが、この記事では、個人事業主向けに2割特例と簡易課税との違いに焦点を絞って解説しています。 この...
個人の税務と確定申告

住宅ローン控除の改正で令和4年以降はどうなる?

住宅ローン控除の概要 住宅ローン控除とは、住宅ローンを組んでマイホームを購入した場合に、年末の借入金残高に一定率を乗じた金額を税額控除できる制度です。10年間(または13年間)に渡って税額控除を受けることができるため、所得税の減額効果の大き...
個人の税務と確定申告

会社員が副業する前に確認したい注意点や税金について解説

副業とは、一般的に、本業とは別に収入を得るために行う仕事のことを言います。最近は、国も副業を推進する方向にありますし、副業によって収入を増やしたいと考える会社員も増えてきていますが、副業をする際には注意すべきことがあります。また、税金につい...
個人の税務と確定申告

【インボイス】適格請求書発行事業者の登録申請書の書き方と注意点

インボイス制度は令和5年10月1日から開始されます。 インボイスを発行するためには、税務署に対して登録手続きを行わなければなりません。具体的には、納税地の所轄税務署長に「適格請求書発行事業者の登録申請書」を提出し、税務署から通知を受領する必...
個人の税務と確定申告

所得税法における時価の解説と所得税基本通達59-6の改正

所得税基本通達59-6の改正 2020年8月28日付で国税庁から「所得税基本通達59-6」に関する通達の改正が公表されています。 これは、取引相場のない株式の時価について争われた裁判の最高裁判決を受けて、これまで不明瞭であった取り扱いを明確...
個人の税務と確定申告

【個人事業主の消費税】基準期間が1年未満の納税義務判定

個人事業主が消費税の納税義務を判定する際、法人の場合と異なり注意が必要な点があります。 個人事業主の消費税の納税義務の判定 消費税の納税義務は、基準期間と特定期間の課税売上高等を用いて判定します。納税義務の判定に用いる金額は1,000万円で...
個人の税務と確定申告

【住宅ローン控除】家事按分は事業割合10%以下か否かに注意

所得税の計算において、住宅ローン控除は税負担を大きく減らす効果があります。住宅ローン控除は、基本的に居住を目的とした住まいに関する制度ですが、個人事業主の場合、自宅兼事務所として仕事でも使っている場合が多くあります。その場合、住宅ローン控除...